【2021年12月更新】田舎にあるシェアハウスまとめ!メリットとデメリットについても解説

シェアハウス

「シェアハウスをやっている田舎ってどこにあるんだろう?」
「都会での生活に疲れた。田舎のシェアハウスってどんな感じなんだろう?」

上記のように田舎にあるシェアハウスのことが気になって、この記事を見ている方も多いかと思います。

この記事では、田舎にあるシェアハウスの特徴やメリットとデメリット、おすすめのシェアハウスについて解説していきます。

この記事を読むことで、田舎のシェアハウスに住むとどのような生活が送れるのか理解できます。田舎生活が気になっている方はぜチェックしてみてくださいね!

田舎のシェアハウスと都会のシェアハウスの違い

田舎のシェアハウスと都会のシェアハウスの違いを表にまとめました。

項目田舎のシェアハウス都会のシェアハウス
交通の便基本バス。1日に3本ほどしか通らないところもある徒歩圏内に駅がある
家賃1万円〜5万円3万円〜7万円
スーパーやコンビニ家の周りにはない。車で15分以上の距離にあることがほとんど徒歩圏内にある
フリーランス・ニート・フリーターなど色々な人がいる会社勤めで働いている人が多い
環境自然がいっぱい人がいっぱい

田舎のシェアハウスは、都会のシェアハウスに比べて家賃が安くて自然の中でのんびり過ごせる反面、利便性に欠けるという特徴があります。

都会のシェアハウスは徒歩で行ける距離に駅があり、コンビニも歩いて行けるので便利です。しかし、田舎のシェアハウスに比べて家賃が高くて自然が少ないという特徴があります。

双方の特徴を踏まえた上で、自分に合った場所のシェアハウスを選ぶと良いでしょう。

田舎のシェアハウスに住むメリット

*上記画像の陽気なおっちゃんのことは気にしないでください。

田舎のシェアハウスならではのメリットについて解説していきます。

田舎への移住生活を体験できる

将来田舎への移住を考えている方であれば、田舎での生活がどのようなものなのか気になりますよね。田舎のシェアハウスに住むことで、田舎暮らしを仮体験できます。

シェアハウスによって内容は異なりますが、地元の人と一緒に畑仕事や釣りをしたり、一緒に食事をしたりと交流が盛んなところもあります。

「シェアハウスに住みながら地域の方と交流してみたい。」
「自然の中でのんびり過ごしたい」

そんな方にとって田舎のシェアハウスは最高の居住環境になるでしょう。

都会のシェアハウスに比べて家賃が安い

田舎にあるシェアハウスの家賃は、東京のような主要都市に比べて安いという特徴があります。東京にあるシェアハウスの相場が4万~6万円なのに対し、田舎にあるシェハウスの相場は、2〜5万円ほどになります。
東京にあるシェアハウス相場の参考サイト:https://xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-2760/

田舎での生活を安い家賃で体験できるのでとてもお得ですよね。僕は今のシェアハウスが気に入っているのでしばらく出ませんが、いつか田舎のシェアハウスにも行ってみたいです!

周りと比べずマイペースに生活できる

都会で暮らしていると、同僚の出世や友達の結婚など、周りの環境の変化に影響を受けて焦ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今いる環境から離れて田舎のシェアハウスに住むことで、自然いっぱいのところに新しい仲間と住むことになるので、いい意味で周りと距離を置くことができます。

田舎のシェアハウスに住んでいる人は、都会から離れてのんびり暮らしたいと考えていたり、田舎での生活を体験したいという人達なので、世間のしがらみを気にせずマイペーズに生活できます。

田舎のシェアハウスに住むデメリット

田舎のシェアハウスに住むと感じるデメリットについて解説していきます。デメリットを知らずに田舎のシェアハウスに行って、後悔することがないようにチェックしておきましょう。

虫が多い

田舎ということもあり、虫を避けて生活することが難しいでしょう。家の中に虫が出る可能性も高く、虫や爬虫類が苦手な方には不向きかもしれません。

田舎にあるシェアハウスのほとんどが、元々空き家だったところや築年数が古い家を利用していることが多いです。

そのため、家の隙間からアリやクモが入ってくることも考えられます。少なくとも東京や大阪などの都会と比べて、虫が多いということは覚悟しておいた方がよいでしょう。

都会に比べると不便なことが多い

田舎にあるシェアハウスは、周りにコンビニやスーパーがないことがほとんどです。

電車やバスのような交通の便も、1時間に2、3本しか通っていないこともザラにあるので、どこかへ行きたい時に不便に感じることがあるでしょう。

田舎のシェアハウスに住むのであれば、このような不便さも含めて楽しむ気持ちでいくことが大切ですね。

【随時更新】田舎にあるシェアハウス一覧

「田舎生活を体験したい!」
「田舎にあるシェアハウスってどんな感じなんだろう?」

上記の方に、シェアハウスが大好きな僕が激推しする田舎のおすすめシェアハウスを5つ紹介します!

中には、メディアに取り上げられたこともあるシェアハウスについても紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ほくほく邸【閉鎖中】

  • 場所:石川県鳳珠郡穴水町曽良リ-13
  • 家賃(全個室):2週間プラン(3万円)/1ヶ月プラン(5万円)
  • 部屋の数:4部屋
  • 特徴:お米と畑の野菜食べ放題

2021/12/19日追記

ほくほく邸は2021/12/19日をもって閉鎖することになり、これ以降はセット野菜農家として運営されることになりました。

詳しい情報は下記にある、管理者であるほくとさんのnoteを参考にしてみてください。
https://note.com/hokuhokuto1/n/nc92fa7d9afbf

ほくほく邸は石川県の穴水町という海沿いの町にあり、田舎生活の体験が特徴のシェアハウスです。ほくほく邸ならではの魅力は大きく2つあります。

  • 田植えや野菜の収穫などの農業体験ができる
  • Webライティングを学んでパソコンで稼ぐスキルを身につけられる

それぞれの魅力について詳しく解説していきます!

農業体験を通して地元の方と交流できる

時期にもよりますが、シェアメイトが希望すれば、農家にて野菜の収穫や田植えを体験できます。収穫した野菜は農家の方と一緒に料理してお食事会を開くこともあります。

地元の農家の方と食事をしながら農作業のことなど和気藹々と聞ける経験は中々ないので、貴重な経験になるでしょう。

地元の方との交流が盛んですが、農作業は強制じゃないので、のんびり田舎生活を堪能したい方にもおすすめです。

また、海が近いのでいつでも釣りを楽しめるのも魅力。6月はアジが釣れ、9月にはイカ釣りが解禁されます。

Webライティング講座が受けられる

オーナーの中田さんは奥さんと二人でほくほく邸を運営しており、シェアハウスの運営以外にWebライティングや動画編集もできる多彩な方です。

ほくほく邸ではWebライティング講座も行われており、1ヶ月サポート付き30,000円で受講できます。

オフラインで直接1から教えてもらって3万円は、控えめに言ってめちゃくちゃ安いと思います。なぜかというと、ほとんどのWebライティング講座は、オンライン受講で7万円以上するところがほとんどだからです。

おそらく、1ヶ月対面でWebライティングを教わることができれば、1ヶ月以内に3万円以上稼げるでしょう。田舎で生活したいけれど仕事が不安な方には最適な講座ですね!

入居までの流れとルールについて

ほくほく邸は、入居前にホームページにあるお問い合わせフォームで予約する必要があります。また、2週間未満の滞在は不可能になります。

予約してから3日以内にほくほく邸から連絡が来て、Zoomを使ってオンライン面談を行います。面談といってもほくほく邸についての質疑応答や雑談など交えながらリラックスして行います。

また、12月から3月まで冬季休業なので注意しましょう。

ほくほく邸のホームページはこちらから

【山奥ニートで話題】NPO共生舎(2021年12月現在受け入れ中止中)

  • 場所:和歌山県田辺市五味240-10
  • 家賃:月18,000円
  • 部屋の種類:個室(5畳)
  • 特徴:ご飯食べたいと思った人が全員分の食事を作る

「山奥ニート」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

NPO共生舎は和歌山県にある特定非営利活動法人で、山奥の限界集落にニートの集団が暮らしているということで話題になったシェアハウスです。

NPO共生舎の理念は
「公的支援に頼らず、さまざまな人が集まり、共生していくこと」

理念の通り共生舎には、下記のようにさまざまな背景を抱えたの方を中心に集団生活をしています。

  • 都会での生活に疲れてしまった
  • 家族との関係がうまくいかなくて息苦しさを感じていた
  • これからどう生きていくかゆっくり考えたい方

このように、今の社会になじめないなと感じている若い人が集まっているのです。

NPO共生舎で暮らす際のルールはただひとつ。「他人に迷惑をかけないこと」

各住民が程よい距離感で生活しているのが特徴的なシェアハウスです。

共生舎への行き方は、鮎川新橋までは普通のバスで行き、そこからNPO共生舎までは住民バスで向かいます。住民バスは予約制なので、事前にネットで予約しておきましょう。

NPO共生舎のホームページはこちらから

三重県にある農場付きシェアハウス【農の家 雨宿り】

  • 場所:三重県熊野市育生町尾川152
  • 家賃:月額30,000円(短期滞在も可能)
  • 部屋の種類:個室
  • フリーWi-Fi:あり
  • 特徴:農場と養蜂がある。お風呂は薪を使って沸かす。

農の家 雨宿りの特徴

農の家 雨宿りは、農場で野菜や米を時給したり、養蜂の経験もできるシェアハウスで、ほかのところでは経験できない田舎生活を堪能できます。

民宿の空きスペースを利用した、ワークショップやスポットマーケットも可能。1ヶ月以上の滞在する方には漁業権(年間券)が付いてくるので、アユやアマゴを狙って川釣りを楽しめます。

また、シェアハウス近辺の交通機関は1日3本のバスのみになります。

農の家 雨宿りの宿泊料金

宿泊方法は、中期滞在と長期滞在の2種類あり、各滞在期間によって値段が変わります。

  • 中期滞在:5日間(21,500円)/6日目以降は1日追加のたびに2,000円必要になります。
  • 長期滞在:10日以降〜1ヶ月(30,000円)

1部屋に複数人住むことも可能で、人数がひとり増えるごとに10,000円追加になります。

たとえば、2人1部屋で1ヶ月滞在する場合は、30,000円と10,000円の追加料金を合わせた40,000が1ヶ月分の宿泊料金になります。

また、中学生以下は無料になるので、家族で訪れる際にもおすすめのシェアハウスです。

農の家 雨宿りはこんな人におすすめ

農の家 雨宿りで体験できる農場の利用や、川遊びを楽しみたいと考えている方にはベストなシェアハウスになります。

農の家 雨宿りには部屋数が3つあり、他のシェアハウスに比べて比較的部屋数が少ないので、のんびりシェアハウス暮らしを堪能したい方におすすめです。

また、お風呂を薪で沸かしたり、共有スペースでほかのシェアメイトと過ごすこともあるので、人と話すことが好きだったり、人と協力して日々の生活を過ごせる方に最適でしょう。

【福島の山奥シェアハウス】ひきこもりハウス

  • 場所:福島県福島市飯坂町茂庭字琵琶沢37-3
  • 家賃:月5,000円~10,000円(部屋のサイズによる)
  • 部屋の種類:個室(全8部屋)
  • 特徴:田舎でスローライフを楽しめる

引きこもりハウスは、オーナーのさすけねさんが現代生活でいろいろな悩みを抱えている方の拠り所になればという思いで始めたシェアハウスです。

住民それぞれが自分のペースでのんびりと生活しているのが特徴的。他のシェアハウスに比べて家賃が圧倒的に安いので、ちょっと人生に疲れて休憩したい方や色々な人の話が聞いてみたい方に最適でしょう。

住民の年齢層は20代から30代の方がほとんどで、入居受け入れ年齢は18歳から40歳までだとありがたいとのことです。

また、住民の中には猫を飼っている方もいて、ハウスルールはオーナーと住民で話して柔軟に決めています。柔軟でゆるいところが魅力的ですよね。

ひきこもりハウスはこんな人におすすめ

ひきこもりはうすの特徴は、住民がのんびり平和に過ごせること。オーナーのさすけねさんが山奥ニートに感銘を受けて運営を始めたということもあり、田舎でスローライフを送りたい方におすすめです。

僕も人生に疲れて休憩したくなったらお邪魔したいと思っています。

ひきこもりハウスのホームページはこちらから

オーナーのさすけねさんのTwitter:https://twitter.com/ssknhikikomori

【東京里山シェアリング】ひのはうす

  • 住所:東京都西多摩郡檜原村
  • 家賃:月1万〜3万(部屋によって異なる)
  • 部屋の種類:個室(4部屋あり畳部屋とフローリング部屋の2種類あります)
  • 特徴:シェアハウスだけでなく民泊もある。移住支援も行っている。

ひのはうすは、東京にある檜原村という田舎にある商店の空き家を借りて作られたシェアハウスです。

オーナーの松岡さんは、シェアハウスのほかにも民泊や地域おこしなど手広く事業を行っています。

田舎での生活だけでなく、町おこしやシェアハウスのような居場所づくりに興味がある人は話を聞くことで色々勉強になりそうですね!

仕事の紹介も行っているので、ひのはうすでの生活が気に入って長期滞在したいと思った方へのサポートもバッチリ!

家賃もかなり安いので、関東県内で田舎生活したいという方におすすめのシェアハウスです。

ひのはうすのホームページはこちらから

【岡山県美作市】えびす家

  • 住所:〒707-0201 岡山県美作市梶並78−2
  • 家賃:月15,000円
  • 共益費:月12,000円(光熱費・インターネット代・農地の利用料込み)
  • 入居時の初期費用:10,000円
  • 交通の便:バス・車・バイク

えびす家は、岡山県美作市の限界集落にあり、田舎暮らしの良さを伝えたいと思ったオーナーがきっかけで作られたシェアハウスです。

周辺に民家がない緑に囲まれたシェアハウスなので、現代社会でのストレスから離れて自然の中でリフレッシュしたい方に最適です。

えびす家のおすすめポイント
  • 鍵付きの個室があるので女性も安心して住める
  • シェアハウス専用の農地があるので農業体験ができる
  • 家賃27,000円とお手頃価格

全ての部屋ではないと思うのですが、えびす家には鍵付きの個室があります。

鍵付きの個室を用意している田舎のシェアハウスは中々ないので、女性の方やシェアハウスのセキュリティ面が気になる方におすすめです。

また、えびす家は、民泊や宿泊に使われている本館と農地として利用している別館の2つあり、別館にある農地を使って農業体験できます。

静かな田舎でのんびりしたい方や、農業体験したい方に最適なシェアハウスです。

えびす家のホームページはこちらから

【和歌山県田辺市】WAKE HOUSE(ウェイクハウス)

  • 住所:岐阜県本巣市根尾門脇145
  • 家賃:1.8~2.2万円
  • 駐車場:自動車(3,000円/月)・バイク(1,000円/月)

WAKE HOUSEは、元々公務員として働いていたオーナーが、さまざまな理由で生き辛さを感じている方の居場所を作るために作ったシェアハウスです。

「ここに住みたい、ワケがある。」というコンセプトがあり、何らかの理由でWAKE HOUSEに関心を持った方や、WAKE HOUSEに住みながら生計を立てたい方を歓迎しています。

WAKE HOUSEのおすすめポイント
  • 家賃が安すぎる
  • 全室個室
  • 各部屋に冷蔵庫が付いている

WAKE HOUSEは家賃がかなり安く、4畳個室の場合は月額1.8万円で8畳個室は月額2.2万円です。この金額は他のシェアハウスと比べてもかなり安いです。

また、個室の設備が充実している点も魅力で、次のような備品が各部屋に用意されています。

  • エアーベッド(シングルサイズ)
  • 机/椅子
  • USB充電器
  • 冷蔵庫(46L)
  • カラーボックス
  • ごみ箱
  • 時計
  • 扇風機(夏季入居)
  • 電気毛布(冬季入居)

洋服さえ持ってこればすぐ住めるほど設備が充実しているのは、WAKE HOUSEならではのメリットと言えます。

WAKE HOUSEのホームページはこちらから

シェアハウス真桜(マオ)

  • 住所:三重県大紀町錦
  • 家賃:5,000円+生活費を割り勘
  • 部屋数(間取りから見た推測):和室8部屋・洋室2部屋
  • 特徴:海が近い。ワンコ買ってる(めちゃくちゃかわいい)

シェアハウス真桜(マオ)は三重県大紀町錦という海沿いの町にあるシェアハウスです。

オーナーが山奥ニートに憧れて作ったシェアハウスらしく、シェアハウスの中でもぶっちぎりで家賃が安いです。生活費が不明確ですが、光熱費込みで月2万円以下に収まるのではないでしょうか。

真桜という名前はシェアハウスで飼っているワンちゃんの名前から付けたとのこと。

かわいすぎる。

もはや真桜に会うために訪れたい。。。

また、twitterを見てると漁師の方やご近所の方との交流も盛んなようです。

山奥ニート同様、住民同士で助け合いながら共同生活するシェアハウスなので、費用を抑えつつ海を眺めながらのんびりしたい方や、現地の人と交流しつつ穏やかに生活したい方にぴったり。

シェアハウス真桜はホームページがないので、入居や内覧希望者は下記の公式twitterから直接連絡しましょう。

カジヤ シェアハウス真桜(マオ)(@sharehousemao)さん | Twitter
カジヤ シェアハウス真桜(マオ) (@sharehousemao)さんの最新ツイート はじめまして 山奥ニートに憧れ、三重県大紀町錦で家賃5000円+生活費を割り勘でシェアハウスを経営してる人。住みたい方、興味ある方、助けてくれる方、フォローやDMをいただけると嬉しいです。ほしい物リスト作ったので見ていただけると嬉しい...

天城シェアログハウス

  • 住所:〒410-2507 静岡県伊豆市冷川1523−16
  • 家賃:初期費用(預り金)30000円
    共益費:15000円(光熱費+夕食代込み)
    8畳部屋:15000円
    6畳部屋:10000円
  • 訪問及び短期滞在:1泊2000円
  • 特徴:隣人の方からしいたけもらえるらしい。プログラミングの学習やプロジェクトを進めることを検討している。
  • 連絡方法:twitter(https://twitter.com/amagilog)かE-mail(amagishare@gmail.com)

天城シェアログハウスは、伊豆に別荘をシェアハウスとして活用しています。住所を調べると、どうやら伊豆の山奥にあるようです。

木造建築で画像からも木の温もりが感じられますね。

どうやらプログラミング学習する方を推進しているという感じなので、プログラミングに関心がある方におすすめのシェアハウスです。

天城シェアログハウスのブログ

田舎のシェアハウスでスローライフを楽しもう

田舎のシェアハウスで暮らすことで田舎生活を体験でき、のんびりとした日々を送ることができます。

また、田舎のシェアハウスに来るという選択をする人って中々いないので、自分がこれまで会ったことがない人と出会える点も魅力のひとつです。

今の社会に生きづらさを感じていたり、将来田舎暮らしを検討している方にとって、自然の多い田舎のシェアハウスに住むという選択は最適だと言えるでしょう。

田舎のシェアハウスに住んでみたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考に指定みてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました