こんな人はWebライター挫折するからやめとけば?

Webライター
悩める民
悩める民

Webライターについて調べていたら「Webライター やめとけ」っていう結果があったんだけど、やめといたほうがいい事実があるのかな?

Webライターやってみたいと思っているから気になるなぁ

上記のように考えている方も多いのではないでしょうか。

僕はWebライターとして独立して3年目になるのですが、確かにWebライターをやっていて「こういう人はやめといたほうがいいかも・・・」と思う点が複数あります。

今回は、Webライターの仕事はやめとけと言われている理由と、Webライターが適している人の特徴について解説します。

この記事を書いている人

LancersのURL:https://www.lancers.jp/profile/machidai

この記事を読むことで、Webライターはやめとけと言われている理由がわかるので、Webライターに興味がある人はぜひチェックしてみてください。

Webライターという仕事はあまりおすすめできない

私はWebライターとして3年ほど活動していますが、Webライターが本職として成り立つまでに1年以上かかりました。

どうしてもパソコン一台で稼ぎたかったので、本職として成り立つまでは貯金を崩しつつ、家賃3万円のシェアハウスに住みながらギリギリの生活をしていました。

そのため、片手間でWebライターとして仕事をしたいという方にはあまりおすすめできません。空いた時間を利用して手軽に収入を上げたいのであれば、アルバイトが一番適しています。

Webライターはやめとけと言われている3つの理由

Webライターはやめとけと言われている理由は下記の通りです。

  • 収入が安定しない
  • 労働に見合った時給を稼ぐまでに長期間がかかる
  • 全て自己責任

各内容について詳しく解説します。

収入が安定しない

Webライターを副業で始める場合、業務委託契約になることがほとんどです。業務委託は受注した案件分の働きをすることで報酬を得る契約内容なので、契約先の都合で仕事がなくなることがよくあります。

特にWebライターの場合、クライアントが求める本数分の記事を執筆した時点で契約終了になることもあります。

ほかにも、クライアントに資金がなくて契約解除になることもあります。そのため、Webライターは常に複数の案件を抱えている方がほとんどです。

上記のように案件の移り変わりが激しいので、収入を安定させるのが難しいという特徴があります。

労働に見合った時給を稼ぐまでに長期間がかかる

時給1,000円を労働に見合った時給と仮定した場合、実現するのに1年以上かかることもあります。もちろんその人によって稼げるようになるペースは異なりますが、僕は1年以上かかりました。

時給1,000円稼げるようになるのが難しい理由は「始めたばかりは文字単価が低いこと」「リサーチに時間がかかること」です。

文字単価が高くても、リサーチに時間がかかると時給単価が下がります。文字単価が低いと時給を上げるのに多くの文字数が必要です。

上記のジレンマは、Webライターとして執筆経験を重ねることと、案件のルールに慣れることで解消されます。そこまで頑張れると、労働に見合った時給を稼げるようになるのです。

全て自己責任

Webライターとして案件を受注すると下記のような責任を負い、クライアントが納得する記事を納品するまでの出来事が全て自己責任になります。

  • 納期遅れ
  • リライト業務
  • 体調管理

アルバイトや社員として雇用されている場合は上司や同僚がサポートしてくれますが、業務委託契約であるWebライターは全て自己責任になります。

Webライターはどんな人におすすめなのか

Webライターはやめといがほういいという理由だけでなく、逆にWebライターがぴったりな人もいます。Webライターがおすすめな人は下記の通りです。

  • 絶対会社に勤めたくない人
  • 特定の理由で外に勤めることができない人
  • 意味を調べたり文章を書いたりするのが好きな人

各内容について詳しく解説します。

絶対会社に勤めたくない人

僕は絶対に会社へ勤めたくなくてWebライターになりました。

会社に勤めずに自分で稼いで生きていくには、市場価値のあるスキルを身につけて企業や個人から仕事をとる必要があります。

その中でも、Webライターは専門的なツールを購入しなくてもできるので、パソコンが苦手な方や初めて副業する方にぴったりです。

ほかにも動画編集やWeb制作のようなスキルがありますが、編集ツールを購入したりスキルを身につけるまで3ヶ月以上かかることもあります。

Webライターは労働に見合った時給を稼ぐまでに長期間がかかりますが、パソコンさえあれば数ヶ月間の学習時間やツールを購入せず挑戦できます。

近い将来会社を辞めたい方や、パソコンに苦手意識があるけれど副業に挑戦したい方はWebライターから始めることがおすすめです。

特定の理由で外に勤めることができない人

・うつ病
・育児中の主婦
・人と働くのが極端に苦手

上記のように、さまざまな理由で決まった時間に通勤して働くことが困難な方もいます。

Webライターであれば記事の納期までに書けばいいので、自分の体調に合わせて起きる時間や働く時間を決められます。

たとえば、1記事3,000文字で納期3日の案件を受注すれば、1日1,000文字ペースで書けば間に合います。

Webライターを始めたばかりだと1,000文字書くのも一苦労ですが、ほかのスキルに比べるとハードルはかなり下がります。

なかには1記事の納期が1週間の案件もあります。このことから、Webライターは自分の生活リズムが最重視される方にぴったりの仕事なのがわかります。

意味を調べたり文章を書いたりするのが好きな人

Webライターの仕事は約5〜7割が、記事を書くために意味や特徴を調べるリサーチ業務になります。

自分があまり知らないジャンルのライティング案件を請け負うときは、情報を調べる時間が多くなります。

たとえば「ゴルフアイアン おすすめ」という内容で記事を書く案件だと、ゴルフを知らない場合は「アイアン」について調べるところからはじめます。

このようにWebライターは、特定ジャンルの意味を調べて文章にすることが多いので、調べ物をしたり文章を書いたりするのが好きな人が向いている仕事です。

こんな人はWebライターするのやめとけ

下記のような人は、Webライターをはじめてもすぐ挫折するのでやめておきましょう。

  • 楽して稼げると思っている
  • 勉強せず誰でもできると思っている
  • 文字数さえかければいいと思っている

各内容を詳しく解説します。

楽して稼げると思っている

正直いうと、Webライターは比較的楽な仕事だと思います。しかし、稼ぐのは楽ではありません。

普段使っている日本語を使って文章を書く仕事なので、基本的なライティング方法を学ぶのも月単位の時間を必要とせず、Webライターを初めた月に5万円以上稼ぐことも全然可能です。

しかし、Webライターだけで生計を立てられるほど稼ぐためには、高単価の案件に対応できる文章力や専門知識が求められます。

たとえば、1文字1円の案件しかとれない場合、月に20万円稼ぐには20万文字以上必要になります。さらにリサーチ時間も加わるので、稼ぐためには単価の高い案件を目指し続ける必要があるのです。

勉強せず誰でもできると思っている

Webライターになるには、下記項目についての知識やスキルが求められます。

  • SEOライティング
  • WordPressの使い方
  • 読まれるライティング手法
  • わかりやすく説明する方法

Webライターを始めるハードは低いですが、上記の項目について学習しないとなかなか案件を獲得できません。

学習方法は独学やオンラインスクール、オンラインサロンなどで学べますが、初めは「SEOライティング 書き方」というようにGoogleで検索して無料で独学するのがおすすめです。

自分で調べてスキルを身につけたり、問題を解決することができないとWebライターは厳しいので、検索して勉強するのが面倒な方はやめておいたほうがいいでしょう。

文字数さえ書ければいいと思っている

文字数稼ぎの文章は、クライアントにひと目で見破られます。そして、そのような方は継続して案件をもら得なくなるので、文字をたくさん書けば書くほど稼げるというものではありません。

逆に、短い文章で読者に正しい情報を伝えられる方が価値の高いライターであり、クライアントからの案件も途絶えず長く活躍できます。

タイトルとURLをコピーしました