Webライターとは?仕事内容から年収まで現役Webライターが徹底解説

Webライター

「Webライターってどんな仕事なんだろう?副業でやってみたいから内容について知りたいなぁ」

Webライターを始める前の僕はこのような疑問を抱えていました。僕のようにWebライターに興味を持った方は上記のような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

今回は、Webライターという仕事がどのようなものなのか、仕事内容や年収などを詳しく解説していきます。

この記事を読むと、Webライターがどのような仕事でどれだけ給料がもらえるのか分かるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

Webライターはユーザーに読まれる記事をWeb上で作成する仕事

Webライターとは、Webサイトに文章を記述する仕事です。企業のメディアで商品の紹介や、ユーザーの悩みを解決する記事を書いて報酬を得ます。

あなたが何か知りたいことがあってGoogleで調べて出てきた記事は、全てWebライターによって作られたコンテンツなのです。

企業に勤めるWebライターであれば、自社製品に関する記事を執筆してネットからユーザーを獲得する役割を担います。

また、会社に属さず業務委託契約で仕事をするフリーランスWebライターも多く、僕もそのひとりです。

企業に勤めるWebライターとフリーランスWebライターの違い

企業で勤めるWebライターは時給や月給で給与をもらい、フリーランスライターは1文字あたりの単価を積み重ねて収入を得ます。

たとえば、1文字あたり1円の記事で5,000文字以上と指定がある案件を10件執筆すると、税金を合わせて55,000円の売り上げになります。

中には税込価格で支払うところもあるので、業務委託でライティング案件を受注する前に確認しておくことをおすすめします。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事はWeb上に記事を執筆することで、次の工程で行います。

  1. 上司やクライアントから指示された記事のテーマやキーワードから、どのような記事を何文字書くか決める
  2. 記事のテーマやキーワードから、どのような疑問を持った読者を対象にするのか決める
  3. 記事の構成を作成する
  4. 記事を執筆する
  5. 指定された形式で提出する
  6. 修正依頼があれば再度修正する。
  7. 完了

という流れになります。

Webライターと聞くと記事を書くだけの仕事を想像する方も多いかもしれませんね。

実際はどのような記事を書くのか調べたり、読者がどのような悩みを抱えているのか深ぼっていく作業や構成に多くの時間を費やします。

Googleで何かしらの悩みや知りたいことを調べてたユーザーに対して、記事を使って解決することがWebライターの本質になります。

Webライターの仕事に必要な用具

Webライターとして働く際に必要なものについて下記にまとめました。

  • パソコン(MacBook2015年バージョン以上/corei3以上/4GB以上)
  • Word

Webライターの仕事はパソコンの容量が少なくてもできます。

しかしあまりにもスペックが低いとリサーチに時間がかかり、仕事が遅くなる可能性があるので上記のスペックを参考に選ぶことをおすすめします。

僕はMacBook2015年バージョンを使って仕事をしていますが、業務に支障が出ることなくスムーズに仕事ができています。

記事を執筆する形式は、WordやGoogleドキュメント、WordPressへの直接入稿などが主流で、

Webライターの年収ってどれくらい?

Webライターの年収は、勤務形態と経験によって変わります。

  • アルバイト:時給1,000円〜1,200円
  • 社員(未経験者・新卒):月給18万〜25万
  • 社員(Webライティング経験者):450万〜550万
  • フリーランス(初心者):文字単価0,5円〜1円(時給800円〜1,200円相当)
  • フリーランス(中級):文字単価1,5円~2円(時給1,500円〜2,000円相当)
  • フリーランス(上級):わかりません(早く上級になりたい・・・)

Webライターの具体的な年収を下記に掲載しているので、よければチェックしてみてください。
(*プライバシーの関係上、会社名は伏せております)

業務委託及びアルバイト

正社員及び新卒(未経験)

経験者

上記のように、Webライターの求人は業務形態によって大きく違うので、自身のレベルや働き方に合わせて選ぶとよいでしょう。

Webライターには4つの種類がある

Webライターは大きく分けて4つの種類があり、それぞれライティング方法や難易度が異なります。

Webライターを目指す前に、どのようなライティング方法があるのか確認しておくとよいでしょう。

SEOライティング

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、検索エンジンの上位に記事を表示させることでWebサイトへの流入を増やすマーケティング手法です。別名で検索エンジン最適化ともいいます。

SEOライティングは、GoogleやYahooのような検索エンジンで、上位に表示するための記事を執筆するライティング手法です。

検索エンジンでユーザーが調べる悩みや疑問、知りたいことを解決する記事を書くことで、検索エンジンの上位表示を目指すことを目的としています。

Webライターという仕事の中でも一番多いのがSEOライティングで、クラウドソーシングサイト上でもSEOライティングの案件が多数存在します。

僕自身もSEOライティングを主としたWebライターとして活動しています。

コラムライティング

コラムライティングは、テーマに関する自分の見解や感じたことをネット記事として執筆するライティング手法です。コラムライティングする方を、コラムライターともいいます。

コラムライターは特定のニュースや情報を元に、自身のエピソードや経験を用いて執筆していきます。

たとえば、結婚式に関するコラム記事を執筆する場合、実際に参加した方であれば参加者視点で思ったことや感じたことを執筆します。

結婚式を挙げた側であれば、結婚式に必要な費用ややるべきことなど、自身が経験して感じたことを執筆します。自分の経験がベースになるという点は、コラムライターならではの特徴ですね。

シナリオライティング

シナリオとは、物語の順序やセリフ、流れを作るという意味があり、シナリオライティングする方をシナリオライターとも言います。

シナリオライターとは、物語を執筆するライターのことです。Webライターの分野ではYouTubeのシナリオを作るライターが主流です。

たとえば、下記のように都市伝説やニュースを情報元として、ユーザーが楽しめるようにシナリオを組んで文字にする仕事になります。

物語を作るという意味では脚本家に近いと言えますね。

本来シナリオを作成する仕事は、映画やテレビドラマ、小説の脚本家が中心でしたが、YouTubeの成長もあり現在は、動画の構成と内容を書くシナリオライターの需要も増えています。

コピーライティング

コピーとは広告業界の言葉で、広告文字のことを言います。Webライターが行うコピーライティングの例として、広告バナーの文字やLP(ランディングページ)のセールス文の執筆が挙げられます。

たとえば、下記のようにユーザーの購買意欲を掻き立てるキャッチコピーを作ったり、ユーザーに商品の利用体験をイメージさせる文章を書いたりします。

コピーライティングはWebライティグの中でも難易度が高く、単価も高い傾向にあります。

Webライターを副業でやるならSEOライティングがおすすめ

Webライターに興味があるとはいえ、今の仕事をすぐに辞めるわけにもいかない方も多いかと思います。そのような方は副業という形でWebライターを始めることをおすすめします。

僕自身去年の3月に副業としてWebライターとしての活動を始めました。

Webライティング未経験者であれば、SEOライティングから始めることを激推しします。SEOライティングから始めるべき理由は下記になります。

  • 案件数が多い
  • 学習教材が多い
  • 学習しやすい
  • ブログ運営に役立つ

Webメディアを運営している企業の多くが、検索エンジンからユーザーを集客する手法を取っていることから、SEOライティングの案件は他案件と比べて多い傾向にあります。

また、SEOライティングを学ぶことで、自分のブログを運営することで、アフィリエイト報酬を得ることもできます。

巷のWebライティング講座の内容もSEOライティングが多いので、学習しやすいという点もおすすめする理由のひとつです。

Webライターに興味がある方は副業から始めてみよう

Webライターは、副業やスキル職の中でも比較的ハードルが低いこともあり、近年参入者が多くなっています。そのため初案件を受注するまで時間がかかる可能性もあります。

まずは副業として始めるために、参考書やスクールに通ってライティングスキルを身につけることから始めると良いでしょう。

また、Webライティングがどのようなものかある程度分かっている方であれば、いきなり案件獲得に動くのもありです!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました